ただ歯を治すだけではない歯科医

歯科医は、虫歯を治療したり、
最近話題のインプラント治療を手掛けたりするだけではありません。
歯科医と一口にいっても、多様な専門分野や働き方があります。

まず働き方でいえば、開業医と大学病院や総合病院に勤務する勤務医がいます。
一般的に病気になったら病院、歯の治療なら歯科医院という使い方をされる方が
多いので、病院内の診療科目に歯科があることを知らない方もあるようです。
開業医の中ではさらに、自分の得意分野や一定の治療に特化して
診療を行う歯科医もいます。

歯列矯正やホワイトニングが流行

もちろん、小さな虫歯の治療や歯の検診も行うのですが、
クリニックの宣伝や主な収入源とする分野を絞るというものです。
幾つか挙げてみますと、矯正歯科・審美歯科・インプラントという感じです。
矯正というと昔は子供の頃に行うものというのが一般的でしたが、
現在では大人になってから矯正を行う人も増えています。

矯正歯科を専門に手掛ける場合には、
従来の歯の表面に銀色のワイヤーを長期間にわたって装着する方法だけでなく、
歯の裏側にワイヤーをつけ人から気づかれないように矯正を行う方法や、
その人ごとに作る透明のマウスピースを装着して行う痛くない矯正方法など
様々な技術を習得し、患者さんの多様なニーズに応える必要があります。

歯並びや噛みあわせの改善は容姿のコンプレックス解消だけでなく、
肩こり等という体の不調の改善にもつながるので、
大人になってから行うことにも意義があるようです。
審美歯科は歯並びをよくしたり、歯の色を白くしたりするという
技術を手掛けるものです。

ホワイトニングや歯のマニキュアなどの手軽な方法に始まり、抜歯をして
歯の並び具合を整えたり、歯の表面を削って人工の白い歯を取り付けたりします。
基本的に治療目的ではなく、美容目的に当たるので健康保険は適用されず、
全額自費の治療になります。

芸能人だけでなく、営業や接客に携わる仕事をしている方や、歯並びや歯の色が
汚いことにコンプレックスを持っている方などの利用があるのです。
インプラント治療とは顎の骨にボルトを入れ、
人工歯根と人工の歯を挿入する手術を要す治療のことで、入れ歯と比べ、
まるで自分の天然の歯のように機能をすることから人気が高まっています。

インプラント治療の拡大

インプラント治療を手掛けるクリニックが増えているのは、
高齢化をにらんだビジネス展開に1つの理由を求められます。
高齢化の影響で加齢による歯の劣化を防止改善し、
健康な歯で食事をとれることが長寿につながるとの考えがあるのです。

インプラント治療も健康保険の適用はなく、全額自費治療になります。
これに対し、大学病院においては歯のみならず、
口の中全体を診る口腔外科が主流となっているのです。

病院によっては、さらに細かく専門化され、虫歯科・小児歯科・歯周病科・咀嚼科・
かみあわせ科・矯正歯科・口腔内科・口腔外科・歯科放射線科・歯科麻酔科などに
分かれています。

一昔前は、歯科医は開業すれば儲かるというのが通説でしたが、
現在は、巷の歯科医院はコンビニの数よりも多いと言われ、競争が激化しています。
歯科医開業にあたっては、高額の診療機器の購入やリースが必要であり、
歯科衛生士等も雇う必要があります。
最近では年収300万円で家族を養いギリギリの生活という開業医もおり、
廃業する歯科医も珍しくないようです。

立地や患者のニーズがあるか、どのくらいの収入が見込めるかなど、
事前にしっかりリサーチしてから開業に踏み切る必要がありそうです。
また、必要に応じて、開業コンサルタントのサポートを受けることも
視野に入れましょう。

いつの時代も常に求められる職業であることは確かですが、どのような働き方で、
どの分野を重点におき、どこで開業するのか、それとも勤めるのかを、
慎重に考えることが求められる時代になっているようです。