漢方を科学的視点でとらえる

サイエンス漢方処方とは、「漢方は非科学的」という概念をとっぱらい、西洋薬と同等の位置づけで処方することを示します。

例えば、今までの治療では医薬品、もしくは漢方の処方を同時に行ってはいませんでした。
というのも、そのような対応だけで治療を終えられるからです。
ですが、人によっては合併症であったり、すぐに治療を終えられないような難病にかかっている人もいます。
そこで登場したのがサイエンス漢方処方です。

今まで、一緒に処方されることのなかった漢方を、あえて医薬品と一緒に提供する形を取っていく処方なのですが、漢方には以下のような良いところもありますので、段々と評価されている処方でもあるのです。

漢方の魅力その1は、なんといっても効き目が安定して発生するところです。
つまり、今まで医薬品に対してどこか不信用であった人物でも、サイエンス漢方処方であれば処方を受けてもらえるのです。
これにより治療者の数が増えていきますので、サイエンス漢方処方には意味があると考えられるようになりました。

漢方の魅力その2は、長期的な治療においても治療費用に変化が見られないところです。
漢方は1ヶ月分、半年分、1年分のような処方においても、適切な処置が行えるようになっています。
というのも、副作用がほとんど見られないため、処方される薬が多い場合でもトラブルになりづらいからです。
そのため、医薬品とは違い大量に渡してしまっても、大きなトラブルになることがほとんどありません。

jv200_72a

漢方の魅力その3は、せんじてお茶のように飲めるタイプの薬が多いところです。
漢方は自然由来の生薬(しょうやく)と呼ばれているものを粉末状、もしくは小さく砕いたものを渡す仕組みになっています。
そのため、お茶のようにして飲めるものもありますし、何度でも使いまわせるもの、食事中にお茶と同じ形で飲んでも問題ないものも多く存在するのです。

サイエンス漢方処方で変わったこと

サイエンス漢方処方は、主に病気以外の治療においても高い成果を発揮しています。

最近では、更年期障害をゆるやかに治療する目的でも、サイエンス漢方処方は利用されています。
他にも、ダイエット目的でサイエンス漢方処方に取り組んでいる人も増えているのです。
ダイエットというのは何度も失敗される人もいるため、ダイエット目的そのものが不安定になる人もいます。
中には体調を崩してしまう人もいるので、デメリット、副作用が小さいサイエンス漢方処方は確固たる地位を築きあげました。

なによりサイエンス漢方処方であれば、中高年の方だけでなく若い人でもはじめやすいという魅力があります。
そのため、今では若い人でも積極的に健康を考えて、サイエンス漢方について学んでいる人が増えているのです。